校長挨拶

豊かな思考力と表現力を養う

校長

中央大学杉並高等学校は、創立当時より「真・善・美」を建学の理念としてきました。また、2012年の創立50周年を機に、「共育と共創」という新たな教育方針を策定しています。

大学受験にとらわれない、よい意味での「ゆとり」ある教育がわが校の校風です。幅広い教養を身につけることを目指したカリキュラムによって、バランスのとれた人格の形成に努めてきました。高校と大学との一貫教育、イギリスへの短期留学、国際協力研修、卒業論文など、附属高校ならではの取り組みにも特色があります。

歴代の生徒たちは各種の学校行事、スポーツや文化の課外活動に積極的に参加してきました。そして、その経験を卒業後、大学や職場で生かしています。

私たちは3年間の教育課程を通じて、豊かな思考力と表現力を養い、未来に羽ばたく人材を送り出していきたいと考えています。さあ、一緒に学びましょう。教職員一同、みなさんをお待ちしています。

中央大学杉並高等学校校長
飯塚 容

topic