中央大学杉並高等学校

STUDENTS LIFE今日の中杉

高校生模擬裁判選手権 関東大会優勝!!

有志団体

 8/5(土)に開催された第16回高校生模擬裁判選手権(関東大会)において、中杉チームが優勝をいただきました🏆✨

優勝カップの中にいるのは法務省の法教育マスコット「ホウリス君」です

今回の事案は大麻取締法違反の共謀共同正犯でした。今までとは違い、「犯罪の実行行為をしていない」人の判決を考えるため、大変難しかったです。(今回であれば大麻を栽培し、販売したのは被告人ではありませんでした。)

本選では検察側・弁護側の各立場に立ち、論告・弁論、証人尋問、被告人質問の準備をします。
7月の期末テストを終えてからというもの、本選までほぼ毎日活動していました。論告・弁論の方向性が決まったと思えば崩れ、何回も書き直しました。質問・尋問の練習も繰り返しました。学校だけでは終わらず、夜にも通話して検討、「もう日付変わるじゃん!」が度々ありました🤭

資料を読み込み、皆で情報を共有

時間が溶けるようでしたが、1日1日がとても濃かったです。支援検事・弁護士の先生方には何度もご相談に乗っていただき、質問・尋問の練習、裁判傍聴にも付き添っていただきました。ここまで一緒になって活動してくださる方がいるという驚きが生じたのと同時にとても心が温かくなりました。生徒主体での活動ですが、支援検事・弁護士の先生方の熱いご指導があってこそ、最後までやりきることが出来ました。言葉に表せないほど、本当に感謝の気持ちでいっぱいです…!

支援弁護士の先生と一緒に、支援検事が担当なさる裁判を傍聴してきました。ちょうど大麻の事案でした

忙しいし大変、文章書けない…、わぁぁぁ…となることもありましたが、それを忘れるほどに夢中になっていました。最後にはやっぱり楽しい…!に包まれるんです。この経験がなければ今の自分はいない。そういう貴重な、唯一無二の経験をさせていただきました。支援検事・弁護士の先生方はもちろん、ずっと支えてくださった先生、同じ方向を向いて、一緒に頑張る仲間がいたからこそ掴めた優勝は一生の宝です。(3年 代表Y)

本選当日、東京地裁の法廷にて